Evernoteとは

さて、Feedlyで簡単に情報収集ができるという事はわかりました。 しかし、情報収集ができても収集した情報を保存して整理整頓できていなければ必要な時に活用することができません。

そこでPocketやEvernote等の収集した情報の保存に適したツールを使うことが望ましいです。 今回は医療現場で使っている医師も多いEvernoteに絞って紹介していきたいと思います。 Evernoteを使えば、欲しい情報に素早くアクセスできる医学書のような使い方ができます。

画像出典元:http://aprilfoolism.blogspot.jp/2010/06/evernote.html

Evernoteに医療情報を整理してノート化

例えば仕入れた医療情報を各部位や疾患ごとに整理してノート化しておくことで、様々な情報を瞬時に引き出すことが可能です。

紙媒体と違って新しく仕入れた情報やアイデアを随時追加していく事も簡単なため、効率の良い勉強にも使えます。 自分の必要な情報だけ切り取って保存していけば、自分だけの医学ノートを作る事が可能なのです。

特に時間との勝負である救急医療の現場では非常に有効なツールと言えるでしょう。 救急車からの連絡から到着までの数分間の間に、医学書を使って必要な情報を得ようとする場合どうしても時間がかかってしまいます。

そこでEvernoteにまとめた医学ノートを活用すれば、目的の情報に30秒で辿り着く事ができるのです。 その上、まとめた情報は他人と共有することも容易なため、様々な活用方法が考えられます。

どうでしょうか、まだFeedlyやEvernoteといった情報収集、保存ツールを使った事のない方は使ってみる事をオススメします。