今回は医学知識を大量に詰め込む必要のある研修医向け色の強いテーマですが、膨大な量の医学知識を出し入れする医師の先生方にも有益な情報をお届けしたいと思います。

【Feedly、Pocket、Evernote】

これらの単語聞いたことありますでしょうか。
Evernoteなんかは医療現場でも使っている人が増えてきていますね。
この3ツールを上手に使いこなす事ができれば、膨大な医学知識や医療情報のインプットとアウトプットに大きく役立てる事ができます。

さて、この3ツールそれぞれどのようなものなのでしょうか?
簡単に説明すると「Feedly」は情報収集ツール、「Pocket」と「Evernote」は取り込んだ情報を保存して整理整頓するというものです。
PocketとEvernoteは似たようなツールなのですが、この二つを分けている理由については後述します。

画像出典元:http://easyandeasy.net/pocket-oldest-list

「Feedly」とは

今回は情報収集ツールの一つであるFeedlyについて紹介していきます。
Feedlyは所謂RSSリーダーと呼ばれる「自分の欲しい情報を自動で受信できるように設定できるツール」になります。

この機能は医師や研究者にとっても非常に便利で、
1「特定キーワードを設定した上でそのキーワードを含む論文等を自動で受信できる」
2「特定のHPやマガジン、ブログを登録しておくことで、それらが更新された際に自動で受信できる」
等々使いこなすことができれば非常に便利だと思いませんか?

使い方はとても簡単で、Feedlyのアカウントを作ってブログ名やURLを登録するだけです。
Feedlyだけでは情報を収集するだけになってしまうので、収集した情報を有効利用するための方法を次で説明していきたいと思います。

画像出典元:http://appllio.com/explanation/20130610-3709-feedly-preferences-japanese